Daily Archives: 2018年9月1日

4 posts

“The Veil”&”Snowden”

映画『スノーデン』と『CITIZENFOUR』を観直した。実は『スノーデン』 のエンディングがピーター・ガブリエルの曲であることに気付かなかったからだ。ジュリアン・アサンジのドキュメンタリー映画には似合わない曲だが、エドワード・スノーデンならいい感じかな、と。いや出来れば、個人的には、映画と言うより […]

TV Drama “Better Call Saul” and “Breaking Bad”

 人間は不平等に生まれてくるにも関わらず、他者との不公平感を容易に解消することは出来ない。  例え、それが自分のアイデンティティに根ざしたものであってもである。『ブレイキング・バッド』の主人公は正義より家族を、やがて家族よりもアイデンティティにこだわり、全てを喪失することでストーリーを完結させた。『 […]

“MI5″& “I Vow To Thee, My Country”

映画『MI5 -Worricker-』主演ビル・レイと『我は汝に誓う我が祖国よ』   英国の諜報機関の職員である主人公ジョニー・ウォーリッカーは、ビル・レイの当たり役である。40歳から役者に転向という経歴も然る事乍ら、英国出身のレイモンド・チャンドラーの主人公フィリップ・マーロウを思わせるハードボイ […]

Non Fiction Novel “The Seed and Sower” and the movie “Merry Christmas, Mr.Lawrence”

ノンフィクション・ノベル『影の獄にて』と映画『戦場のメリークリスマス』 ユング派分析家の河合隼雄は、スイスのユング研究所に留学時代、教育分析をうけていたマイヤー教授から、ヴァン・デル・ポストの『影の獄にて』を読むように薦められた。彼は「東洋と西洋の相克と理解」、「日本人と西洋人の深層意識」を描き出し […]